Twitterって、すごく便利に活用しています。
ユーザーもたっぷりいるし、中にはエッチいアカウントを作っているような女の子もいます。
こういう場所で、お金くれる人探しをするのって、理に適っているって思いました。
普段使いのアカウントでは支障が出てしまいますから、新しいアカウントを作成、パパ活用に使うことにしました。
ユーザーの数からいっても、愛人募集掲示板より出会いの確率が、確実に高いのではないか?という気持ちでした。
ツイートしていけば、見てくれた方から連絡がやってくる。
そして、お食事に誘われて、お小遣いをいただけると言うストーリーを描きました。

 

 デートパパを探していると言う、ツイートをしていきます。
お金くれる人が見てくれて、連絡を送ってくれるという気持ちになっていました。
資金援助さえしていただけたら、独立だって可能になるかもしれないのです。
期待は膨れあがる一方でした。
援交のような肉体関係がない。
デートするだけの男女関係。
とても気軽な副収入の方法です。
一刻も早く、お金くれる男性からの連絡がやって来ないかと、待ちわびる状態になっていました。

 

 ツイートして、しばらくすれば反響が現れます。
やった!と喜んでしまいました。
今度こそ食事パパが見つかる!という気分でした。
やってきたリプやDMを呼んでいくことにしました。
しかし、自分の思ったような反響ではありませんでした。
「デートでお小遣いとか、調子こいてんじゃないよ」
「しっかり仕事しろや」
「甘えてんじゃねぇ」
こんなリプやDMが、とてもたくさん届けられてきました。
顔が見えないネットの世界だから、多少なりとも誹謗中傷というのはあると思いました。
この部分は、覚悟していたのです。
ですが、そればかりなのです。
私のツイートがリツイートで拡散され、さらに荒れていきました。
なかには交際クラブへ登録を促すようなメッセージまで届きました。
荒れに荒れて、収束がつかずTwitterでの相手探しを断念することにしました。
思うようにならないことばかりで、気分がふさぎ込んでいきました。